ビットフライヤーの口座開設方法。使い方や入金方法を紹介!

ビットフライヤーは、仮想通貨初心者が一番に登録しておきたい取引所です。

国内の取引所ということと、ビットコインの取引量が日本一というところも安心です。

2018年ビットフライヤーは安全評価世界一を認定されています。しかも3年連続!

そんなビットフライヤーの口座開設方法を紹介します。

ビットフライヤーとは

ビットフライヤー日本で最初の仮想通貨取引所です。

安全性の高い取引所としても有名で、世界基準のセキュリティを誇っています。

大手取引所のなかで唯一補償制度があり、万が一の場合にも最高500万円まで保証されます。
(※2段階認証、100万以上預け入れ等条件あり)

また、社長の加納裕三さんは、日本ブロックチェーン協会の代表理事

SBI、三井、リクルート、電通、GMO等の大手企業が出資しています。

ビットフライヤーは、安全安心で考えると1番の取引所です。

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものを紹介します。

・メールアドレス又はFacebookやGoogleのアカウント

・免許証など本人確認書類

・銀行口座

登録手順

メールでアカウント作成

ビットフライヤー公式サイトにアクセスします。

メールの他に、Google、Facebook、Yahooのアカウントでも作成できます。

登録するとメールが届きます。
メールが届いたらURLをクリックして登録完了です。

アカウントクラスを選ぶ

ビットフライヤーには「ウォレットクラス」「トレードクラス」の2種類があります。

「ウォレットクラス」は仮想通貨を買うことができません。仮想通貨を預けたり送付をするだけです。

「トレードクラス」を登録します。

本人確認書類提出

トレードクラスにするには、以下の要件が必要になります。

・本人情報の登録
・本人確認資料のご提出
・お客様のお取引目的の確認
・転送不要の書留郵便の受取
登録されると「承認済」「入力完了」「受取済」と表示されます。

本人情報の登録
名前、生年月日、住所、電話番号などを登録します。

本人確認資料の提出
以下の中から、1つ提出してください。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(顔写真あり)
・住民基本台帳カード(顔写真あり)
・各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
・各種健康保険証(紙型健康保険証)
・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
・各種福祉手帳
・印鑑登録証明書
・住民票の写し
・在留カード
・特別永住者証明書

取引目的の確認
以下の3つを確認されます。
・外国の重要な公人について
・職業
・取引目的
難しいものではありません。当てはまるものをチェックするだけです。

転送不要の書留郵便の受取

審査後に「転送不要書留郵便」というハガキが届きます。

アカウント情報の「受取済」が表示されれば取引ができるようになります。

目安は3営業日となっていますが、登録が集中する時は1週間ほど時間がかかっているようです。

2段階認証
「2段階認証」というセキュリティ対策があります。

2段階認証とは、ログインパスワードとは別に、もう一つ確認をするものです。

以下のいずれかに送られてくる認証コードで確認をします。

・電子メール
・SMSメッセージ
・認証アプリ

入金のやり方

左メニューの「入出金」をクリック

こちらに表示される口座にお金を入金します。

クイック入金
「クイック入金」といって24時間 365 日入金できるサービスもあります。
ネットバンク、コンビニ決済、Pay-easyで入金できます。

対応ネットバンク
ネット銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行
対応コンビニ
ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップ・デイリーヤマザキ・スリーエフ・セイコーマート

仮想通貨の買い方

取引所での購入方法

例えば0.01BTCを買う場合
数量の「+0.01」を押して、「コインを買う」を押します。

するとこ画面が出ます。

6秒以内に「注文実行」をクリックすると0.01BTC購入できます。

これで購入が完了です。

まとめ

おさらい
・メールで登録
・本人情報登録
・本人確認書類提出
・トレードクラスになるように本人確認情報登録
・はがきが届いて受取済が表示
・仮想通貨を購入します

お疲れ様でした!

登録さえしてしまえば、購入するのは簡単です。

買いたい時に登録できていないとチャンスを逃してしまうこともあります。

今すぐ購入するつもりがなくても登録をしておくとチャンスを逃さず購入できますよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です