ブロックチェーンとは?仕組みを分かりやすく図解で解説!

ブロックチェーンの仕組みを簡単にわかりやすく解説します。

仮想通貨の話に出てくるブロックチェーンってなんだか分かりづらいですよね?

文章で説明されていても読む気にもなれません(^_^;)

ですが、図解で説明すると、なんとなく分かってきます。

今回は「ブロックチェーン」「マイニング」「非中央集権」など、よく聞くけど分かりづらい用語を図解をいれて解説していきます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインのために生まれた技術です。

取引データのかたまり(ブロック)が、鎖(チェーン)のようにズラーっと並んでいます。

これをブロックチェーンと呼びます。

ブロックチェーンは、誕生してからのデータが全て繋がっていて、改ざんしづらい仕組みになっています。

悪いヤツが、これを書き換えようとすると、始めからの全てのデータを書き換えないと行けないため不可能に近いと言われています。

非中央集権とは

中央集権じゃないから、非中央集権です。

では中央集権とは?

例えば日本の通貨を日銀が管理しているような関係が中央集権です。

日本銀行は、円の価値や安定などを管理してくれています。

しかし、非中央集権のビットコインなどは、中央で管理する人がいません。

参加者全員で管理をする仕組みをとっています。

いままでのお金は、国が管理するものでしたが、仮想通貨は、そういった概念をなくしてくれました。

マイニングとは

取引データの承認作業を手伝うことをマイニング(採掘)と呼びます。

作業をしてくれる人をマイナー(採掘者)と呼びます。

その複雑な計算作業を最初に終わらせてくれた人には、報酬としてビットコインが支払われます。

現在1ブロックのマイニング報酬は12.5BTC(1BTC90万円として、1125万円)です。

電気代や設備代も多く掛かり赤字になる場合も!

ブロックチェーンの流れ


①AさんからBさんへ、コインを送りました。

②そのデータは参加者全員で管理をします。

③取引データをまとめてブロックにし、マイナーが承認します。

④承認をしたらチェーンのようにつなげてブロックチェーンの出来上がり!

⑤するとBさんはAさんからのコインを受け取れます。

まとめ

難しい技術的なことは抜きにして簡単に言ってしまえばブロックチェーンは、ただの台帳!

取引記録です。

それを10分ごとにまとめて繋いでいるだけなんです。

画期的なのは、みんなで台帳を管理しているからウソがつけないこと。

難しそうなブロックチェーンですが、なんとなーく分かってもらえたら嬉しいです。

これから身近になっていくであろうブロックチェーンを、メチャメチャ簡単に分かりやすく解説してみました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です