仮想通貨のチャートの見方!ボリンジャーバンドの基本を分かりやすく解説!

仮想通貨のチャートの見方!ボリンジャーバンドの基本を分かりやすく解説!

仮想通貨の指標ボリンジャーバンドの見方を解説します。

ボリンジャーバンドを知っていますか?

株やFXなどにも多く使われている有名なテクニカル指標で、統計学を利用した面白い指標です!

チャートを見て、上昇や下降のトレンド発生が分かったり、強さを判断できたら良いと思わないですか?

ボリンジャーバンドはそういった判断をサポートてくれるチャートです。

そんなボリンジャーバンドの基本を分かりやすく紹介したいと思います。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、統計学を利用し、何%の確率でこの範囲に収まるということを視覚的に分かるようにした指標です。

真ん中にあるラインが移動平均線で、その上下にあるライン(バンド)がボリンジャーバンドです

σ(シグマ)2σ(2シグマ)3σ(3シグマ)とありそれぞれ確率が違います。

真ん中からσの範囲内に68.3%の確率で価格が収まります。

真ん中からの範囲内に95.5%の確率で価格がは収まります。

真ん中からの範囲内に99.7%の確率で価格がは収まります。

つまり、価格がその線まで到達したら反転しやすいライン(バンド)です。

高い確率で中央値に戻るのだから、そこで売ったり買ったりすればいいんじゃないの?と思いますよね!

そういった売買の手法もありますが、毎回そうなるとも限りません。

中央値の線自体も移動しているので、中央の線まで戻れば利益に繋がるという訳ではないのです。

ボリンジャーバンドの使い方としては、トレンドの発生と強さを判断する指標です。

ボリンジャーバンドの3つの動き

ボリンジャーバンドは、特徴的な3つの動きがあり、それを見てトレンドの発生や強さを判断します。

①スクィーズ

狭くなり絞られたような状態をスクィーズといいます。

幅が狭くなった時は、その後に大きく値が動く可能性があります。

売買と反対方向に大きく動いたら大怪我をするので、うかつに手を出してはいけないポイントです。

②エクスパンション

スクイーズで貯めていたエネルギーが一気に放たれるようにバンドが上下に開きます。

これをエクスパンションといいます。

上下の開きが大きいほどトレンドが強いと判断できます。

③バンドウォーク

開いたバンドの縁に沿って値動きをするのをバンドウォークと言います。

これはとても強いトレンドが出ているサインです。

しかし、跳ね返される確率の高い線でもあるので、バンドが下に向き始めたら注意が必要です。

トレンド判断の流れ

毎回この流れではないですが、トレンドの判断の流れです。

「スクイーズ」⇒「エクスパンション」⇒「バンドウォーク」

実際の設定

チャートの設定は似たようなものが多いと思います。

今回は、ビットトレードの(トレーディングビュー)チャートで説明します。

チャート画面のインジケータボタンを押します。

インジケータの中のボリンジャーバンドを選びます。

設定を「日足」「20日」「2σ」に設定します。

※「σ」と「3σ」は表示させていませんが、同じ操作を繰り返せば表示させることができます。

今回はジョン・ボリンジャー本人が使っているという設定値「日足」「20日」「2σ」にしています。

まとめ

ボリンジャーバンドまとめ
・トレンドの発生と強さを判断する指標
・ラインに反発しても利益になるとは限らない
僕が最初にこの指標に出会った時は、95.5パーセントなんてほぼ100%じゃん!って思いました。

しかし、チャートを見ていてもなかなかその通りには動いてくれませんでした(汗)

ボリンジャーバンドは売買のポイントではなくトレンドの判断におすすめのチャートです。

この指標だけで売買を判断するのは危険なので注意してくださいね!

他のチャートの見方も解説していますので参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です