仮想通貨と電子マネーの違い!結局どっちがいいの?

仮想通貨と電子マネーの違い!結局どっちがいいの?

仮想通貨と電子マネーの違いは通貨決済手段の違いです。

仮想通貨が出てきた頃はこの答えで良かったのですが、最近は状況が変わってきました。

MUFGコインなど銀行は、仮想通貨を使った独自コインの実験を始めたりしていて、これは電子マネーに近いものになるのか仮想通貨になるのかは、まだ未知数です。

それ以外にも、中国からはアリペイといったQRコードを使った電子マネーの進化版みたいなものも日本に輸入させようとしています。

将来は仮想通貨と電子マネーの良いとこ取りがでてくるかもしれませんね。

今現在は、スマホで決済できるFeliCaSuicaが使いやすく、電子マネーが圧勝です!

そんな、仮想通貨と電子マネーの違いやメリット・デメリットを比較していきましょう。

仮想通貨と電子マネーの違い

 仮想通貨電子マネー
使える範囲世界中加盟店
管理元不要企業
管理コスト少ない大きい
価格変動変動大きい安定
買い物ほぼ使えないコンビニや商業施設に導入
使用方法両替チャージ、引き落とし
送金国際送金、個人間も可能できない

電子マネーのメリット・デメリット

電子マネーのメリット

電子マネーのメリットは、シンプルに「円」の代わりに使えるので、仮想通貨のようなセキュリティやリスクなど意識せず使えます。

コンビニや商業施設など電子マネーで支払い出来るところが増えていたり、使い勝手もどんどん良くなっています。

電子マネーのデメリット

電子マネーは、お店が決済用の端末を用意しないといけないので経済負担が大きいところが問題です。

このシステムのままだと、売上規模の小さなお店までは普及することはないでしょう。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨のメリット

仮想通貨は、個人から個人へ送金や、国際送金が得意です。

個人間では銀行などを通さずにお金が送れますし、国際送金では手数料や時間のコストが大幅にカットできます。

その他にも契約を通貨に組み込むようなこともできて、様々な可能性があります。

仮想通貨のデメリット

まだ規制やセキュリティなど整っていないので一般的な普及がされていません

店舗で使えるところも一部ありますが、通常買い物などには使えません。

また価格変動が大きく使いづらい面もあります。

まとめ

仮想通貨が僕の生活にメリットをもたらすイメージはまだ湧きません

国際送金なども僕には直接関係ない世界に思えます!

当然ですが電子マネーの方が全然便利です。

なので、どっちが良いかは、今は明らかに電子マネー

仮想通貨はまだまだこれからです。

中国でホームレスがQRコード決済を導入!なんてニュースがありました。

僕はミニマリストなので、キャッシュレス生活は大賛成です。

仮想通貨の前段階としてQRコード決済でキャッシュレス文化が日本には広がって欲しいです。

QRコードなら端末導入の経済的負担もないから、あっという間に広がりそうな気がします。

将来どうなるかを考えるとSuicaやFeliCaは日本独自の規格なので心配になります。

ケータイみたいに世界に通用しないガラパゴス化をしていくんじゃないかと思っています(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です