ダウ理論とは?仮想通貨FXのトレンド転換にもおすすめの手法!

ダウ理論とは?仮想通貨FXのトレンド転換にもおすすめの手法!

ダウ理論についてめちゃめちゃ簡単に説明します(^^)

ダウ理論を知るとトレンドの見方の基準を持つことができます。

なんとなくは分かっていても、基準や根拠が弱いと自分のトレードも簡単にブレてしまいます

特に、今が買い目線なのか、売り目線なのか分かりづらいと思うのなら知っておいた方が良いでしょう。

ダウ理論を知ることによって、チャートの見方に自信が持てるようになりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ダウ理論とは

ダウ理論とは、相場の値動きの特徴を6つの法則にしたもので、チャールズ・ダウ氏が提唱したのでダウ理論と呼ばれています。

特に6つ目の反転シグナルが分かるようになることが重要です

ダウ理論6つの法則
1)すべての事象はチャートに織り込まれている。

2)長期・中期・短期の時間軸にそれぞれトレンドがある。

3)トレンドには3つの段階がある。(先行、追随、利食い)

4)平均は相互に確認される。

5)トレンドは出来高でも確認される。

6)明確な反転シグナルが発生するまでトレンドは継続する

ダウ理論6つの法則

1)チャートには全部が入っている!

すべての事象はチャートに織り込まれている。
経済指標、企業の実績や突発的な自然災害であってさえも、すべての出来事を反映させチャートは出来ているという考え方。

2)3つの時間軸でトレンドを見る!

長期・中期・短期の時間軸にそれぞれトレンドがある。

長期は、1年~数年

中期は、3週間~3ヶ月

短期は、3週間未満の短いサイクル

それぞれの時間軸に違ったトレンドができることがあります。

3)トレードの3ステップ!

トレンドには3つの段階がある。(先行、追随、利食い)

3つの段階
先行 プロなどが底値を見つけて買う時期

追随 プロの動きや、他の投資家の動きを見て参入する時期

利食い プロが利益を確定する時期

4)複数が同じこと言ってたらトレンド!

平均は相互に確認されなければならない。
複数の平均的指標が同じことを言っていればトレンド、バラバラならトレンドじゃないということ。

5)出来高も大事!

トレンドは出来高でも確認される。
市場の終値をダウ理論では重要視しているが、出来高の推移もしっかり見ておきましょう。

6)トレンドの転換は根拠をもって!

明確な反転シグナルが発生するまでトレンドは継続する。
明確にトレンド転換のシグナルが出るまでは、トレンドは継続しているという考え方。

今がどの目線なのかを見分けます。

目線
・買い目線(上目線)

・売り目線(下目線)

・目線の転換

買い目線(上目線)とは

高値、安値が切り上がっている状態

売り目線(下目線)とは

安値、高値が切り下がっている状態。

転換のシグナル

安値や高値の切り下げや切り上げが無くなり、押し目を超えると目線が切り替わることになります。

まとめ

ダウ理論は、買う、売るの目線に自信が持てるようになります。

迷いがなくなるのがダウ理論です。

しっかりした基準をもってチャートを読めば自信を持ってトレードをしていけます。

しかし、ダウ理論も100%というわけではなく、経験をもってはじめて「そうだったのか!」と理解していくものです。

ダウ理論を頭に入れてコツコツ経験を積むことで、相場の動きが腑に落ちる場面が多くなります。

自信を持ってトレードをできるようにダウ理論を覚えていきましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です