仮想通貨の保管方法!ハードウェアウォレットなんてまだ要らないんじゃない?

仮想通貨の保管方法!ハードウォレットって必要?

仮想通貨の保管方法は、取引所に入れておけば良いんじゃないの?

そう思っていませんか?

僕もそう思っています!

取引所に入れっぱなしです(^_^;)

取引所の仮想通貨流失事件には巻き込まれたくはないけど、ハードウォレットは高いし、めんどくさそう。

なにか良い保管方法はないのでしょうか?

安全な保管方法を調べてみました!

仮想通貨の2つの保管方法

大きく分けると保管方法には2つあります。

仮想通貨の保管方法
・オンラインウォレットで管理

・オフラインウォレットで管理

オンラインだと、お財布の様に使いやすく、オフラインは金庫の様に開けるのがちょっと面倒。

オンラインだとネットワーク上にあるため、ハッカーなどの脅威が常にあります。

オフラインであればハッカーからパスワードなどを盗まれる心配は無いというわけです。

用途によって使い分けが必要です。

代表的な5つのウォレット

ウォレットの種類
1.ウェブ上に保管するオンラインウォレット

2.パソコンのソフトに入れておくローカルウォレット

3.USBの様なパソコンに繋いで使ハードウォレット

4.紙にデータを印刷しておくペーパーウォレット

5.取引所に保管する

ウォレットのメリット・デメリット

ウォレットには、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 メリットデメリット
オンライン
ウォレット
ウェブにアクセスできればどこでも使えるウェブ上にあるので流失の恐れがある
ローカル
ウォレット
パソコンソフトに入れておけるので使いやすいパソコンがウィルス感染して流失の恐れがある
ハードウェア
ウォレット
オフラインで保管ができ、安全故障のリスクや手続きが面倒
ペーパー
ウォレット
紙に印刷して保管するので安全印刷物の紛失などで取り出せなくなるリスクがある
取引所取引所にあるので、すぐに取引できるハッキングのよる流失

オンラインウォレット


メリット
ウェブ上にオンラインの保管サービスがあります。

インターネットにアクセスできれば、どこからでも出し入れができますので、使い勝手はかなり良いです。

デメリット
オンラインウォレットで一番心配なのはセキュリティ

オンライン上にあるということは、ハッキングの危険が常にあると言えます。

お財布を持ち歩き、スリに合わないように気をつけるようなイメージです。

ローカルウォレット


メリット
パソコンに保管用のソフトを入れて、そこに仮想通貨を保存します。

パソコンやスマホに入れておけるので、ウェブ上よりは安全性もあり使いやすいと言えます。

デメリット
パソコンがウィルスに感染してしパスワードが盗まれる危険性や、パソコンが壊れた時のためにパスワードを控えておく必要もあります。

ハードウェアウォレット


メリット
USBメモリのようにパソコンに繋いで使う保存用の機器があります。

抜いておけばハッキングもできないので、安全性は高いといえます。

大きな金額の仮想通貨を長期で保管するならおすすめです。

デメリット
仮想通貨の金庫の様なものなので、出し入れという面ではひと手間必要です。

またハードウェアウォレットの購入には2万円ほどかかります。

ペーパーウォレット


メリット
仮想通貨のパスワードのデータを印刷して保管するためのサービスがあります。

紙にデータを印刷して保管するので、ハッカーもアクセスできません。

しかも印刷なので費用が少なくて済む特徴があります。

デメリット
紙を失くすと取り出すことができないということもあります。

紙という性質上お札のように大事に扱う必要があります。

取引所の保管


メリット
取引所に保管しておくのは一番簡単です

購入してそのまま面倒な管理も必要なく保管できます。

デメリット
仮想通貨取引所の流失事件は聞いたことがあると思います。

取引所は常にハッキングの標的にされているといえます。

まとめ

仮想通貨のウォレットを調べてみましたが、ハードウォレットもペーパーウォレットも手続きが面倒くさそう!

こんなんじゃ、一般的な普及は無理じゃん!

と思いました(汗)

金庫の役割のハードウォレットは、仮想通貨が増えて心配になったら買えばいい!

穴の開いた財布のようなオンラインウォレットは使いたくない!

まだまだ過渡期なんでしょうね(^_^;)

仮想通貨の保管方法には大きく分けてオンラインと、オフラインがあり、それぞれ長所短所があります。

オンラインは持ち歩ける財布

オフラインは家に置いておく金庫

このように考えると分かりやすいと思います。

少額であったり、取引回数が多いならオンラインウォレット、長期で大きな額を保管するのであればオフラインウォレットというふうに上手く使い分けましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です