仮想通貨のPoW・PoS・PoCの違いとは?ビットコインはもう終わった!?

仮想通貨のPoW・PoS・PoCの違いとは?ビットコインはもう終わった!?

そろそろビットコインを手放しても良い時期なのかもしれません。

最近モナコイン51%攻撃を受け1000万円の被害が出るということが起きました。

これはデータ承認の方式がPoWである場合には、起こる可能性があると言われてきたことです。

ビットコインもPoWというデータ承認の方式なので、もちろん同じようなことが起こる可能性はあるんです。

そんなビットコインに大事なお金をつぎ込むことが出来るでしょうか?

PoWという方式の問題点を解消するためにPoSやPoCという別の承認方法を採用している通貨も多くあります。

PoW・PoS・PoCの違いを知らないと大きな損をしてしまうかもしれませんよ!

PoW・PoS・PoCの違い

方式PoWPoSPoC
代表的なコインビットコイン、モナコインイーサリアム、リスクリップル
特徴・計算の速い人が報酬を受け取れる(不特定多数が参加)
・仮想通貨の保有量が多いマイナーを優先(多く持っている人を信頼する仕組み)

・リップル社が認めた企業が承認をする仕組み
・承認するスピードが他の方式と比較して圧倒的に速い

電力量電力消費大きい電力消費少ない電力消費少ない
51%攻撃問題攻撃の可能性あり攻撃の可能性少ない攻撃の可能性なし

PoW(プルーフ オブ ワーク )

PoWは、 Proof of Workの略です。

時価総額1位のビットコインのデータ承認方式です。

いわゆるマイニングと呼ばれるもので、計算能力が高く一番最初に計算を終えたものに報酬が払われるシステムになっています。

画期的なシステムなのですが、弱点があり計算能力の50%以上を一部のマイナーが支配してしまうと不正ができてしまいます。

可能性が低いとされてきましたが、同じ方式のモナコインが攻撃で1000万円の被害にあいました。

先日はビットコインゴールドや、バージといった通貨への51%攻撃もあったようで、いずれも数億円単位の被害額になっているようです。

このグラフは、ハッシュレート分布で、どのマイナーグループが何%を占めているかが分かります。

引用:https://www.blockchain.com/

現在のビットコインのマイニンググループの上位4つは中国のマイナーです。(2018年5月26日現在)

もしこの4つのグループが手を組んだら計算力の50%以上を占めてしまいます。

つまり万が一そうなったら不正が可能になってしまうということです。

PoS(プルーフ オブ ステーク)

PoS は、Proof of Stakeの略です。

PoWと同じくマイニングはするのですが、51%攻撃が起きにくい仕組みにしています。

PoWと違うのは、通貨を多く保有していたり、長期間保有している者ほどマイニングをしやすくしています。

つまり多く保有している者ほど通貨の価値を落とすようなことをしないという信用でマイニングを優先させています。

これにより悪意のあるマイナーをなくし、51%攻撃を減らすとしています。

自分の多く保有している通貨に攻撃したら自分が損をするという仕組みです。

時価総額第2位のイーサリアムがこの方式を採用し、年内に実装する予定になっています。

PoC(プルーフ オブ コンセンサス)

PoC は Proof of Consensus の略です。

時価総額第3位のリップルの方式がプルーフオブコンセンサスです。

リップルは、信用のある大手企業が承認作業を行っていてその80%が有効と判断すればデータが承認されるシステムになっています。

その中には、マイクロソフトや日本だとセコムなどの企業がその役割を担っています。

信用のある大手企業が51%攻撃のようなことをするとは思えません。

またこのシステムのお蔭で他の通貨と比べ物にならない速さの承認スピードが実現できています。

ビットコインイーサリアムの処理数が1秒間に16個だけなのに対し、リップルは1500個の処理が可能になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

PoWの方式は、51%攻撃の可能性は限りなく低いと言っていましたが現実に起きてしまいました。

マーフィーの法則ではないですが、「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる」でした。

ビットコインへの51%攻撃も起こる可能性がゼロではありません!

もし仮想通貨の投資はガチホ(ガチホールド)というのなら、優位点のある通貨を選ばなければならないですね!

僕はリップルの比率を少しずつ増やしています!

今回はPoW・PoS・PoCについて解説しました(^^)

リップルとビットコインの違いはこちらで解説していますので参考にして下さい!

リップルとビットコインの違い!RippleがBitcionを越える理由!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です