72の法則とは?資産を2倍にしたいなら知らないといけない複利の秘密!

72の法則とは?資産を2倍にしたいなら知らないといけないお金を複利で増やす方法。

72の法則をご存知でしょうか?

法則といっても難しいものではありません!

「お金を2倍にするのに何年かかるのか」が簡単にわかる法則なんです。

72÷金利=お金を2倍にするための年数

例えば僕は100万円年利7%の不動産少額投資を運用しています。

この72の法則を使うと、その資産100万円が何年で200万円になるか簡単に計算できます。

72÷7=10.29

約10年で100万円が200万円になることが簡単に導き出せました。

72を金利(%)で割るだけで簡単に何年でお金が倍になるかが分かるのが72の法則です。

お金を増やしたいと思うなら知っておかなければいけない知識の一つです。

詳しく解説しますので見ていきましょう!

72の法則とは

「72の法則」とは、お金を2倍にするために必要な年数を計算する法則です。

72を運用利率で割るだけ資産を2倍にするために必要な年数がでてくる計算式です。

運用利率計算式資産が2倍になる年数
1%72÷1=72約72年
2%72÷2=36約36年
3%72÷3=24約24年
4%72÷4=18約18年
5%72÷5=14約14年
6%72÷6=12約12年
7%72÷7=10約10年
8%72÷8=9約9年
9%72÷9=8約8年
10%72÷10=7約7年

この計算は複利(得た利子も元金に足して運用すること)を前提で算出しています。

僕の親の世代の頃は、郵便局の定額貯金は金利が7%くらいありました。

なので真面目に働いて貯金をしていれば100万円が200万円に、1000万円は2000万円に比較的安全に増やすことが出来ました

しかし、現在の郵便局の金利は0.01%なので、同じ様に増やしたければリスクを取った利率の良い投資商品を探さなければなりません。

年金も当てにならないし、そういう面では辛い世代ですよね(^_^;)

複利は雪だるま式

100万円を7%の利率で運用すると1年で107万円になります。

利益は7万円です。

2年目はその7万円も元本に入れて、107万円を7%で運用するのでの利益は7万4千9百円になります。

これを毎年繰り返すことにより雪だるま式にお金が増えていきます。

この利益を元本に入れて再投資していくことを複利といいます。

借金の72の法則

資産が2倍になる期間は簡単に分かりましたが、借金の場合はどうでしょうか?

借金にも72の法則は当てはまります。

72を金利で割ると何年で借金が倍になるかが分かります。

消費者金融で18%の金利で100万円を借りた場合。

72÷18=4

4年間で借金が倍の200万円になることが分かります。

実際には返済をせずに4年間も借りることは少ないですかね(^_^;)

まとめ

複利というのは雪だるま式に増えたり減ったりします。

その少し難しい計算が簡単にできるのが72の法則です。

この利率で投資をすれば資産が何年で倍になることが分かり、投資のやる気も違ってきます!

また借金やローンの怖さも分かります(^_^;)

ぜひ計算機を片手に72の法則を試して、複利の凄さや借金の怖さを味わってみてはいかがでしょうか(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です